プロフィール

はじめまして。のぶ(@nobu0810)です。

Web制作会社でWebエンジニアとして勤務しています。

現在はWebエンジニアとして働いていますが、これまでは色んなことをしてきました。掘り下げてこれまでの経歴をご紹介していきます。

看護師時代

私は、高校卒業後、看護の専門学校に通い、看護師として総合病院に5年間務めました。当初は憧れていた看護師。日々の業務に追われながらの生活で完全に仕事中心の生活でした。

看護師としての経験が増える一方でまったく増えなかったのが給料
1年間であがった基本給は5000円。残業と夜勤がない月の給料はそれはそれは寂しいものでした。

給料も原因の1つにありますが、50代、60代になった時に自分自身が看護師として働いているイメージまったくできなくなってしまい職場から離職しました。

30歳の夜更かしもつらいから辞めていて正解でした。技術力は間違いなく落ちてしまっているけれど、身体に基礎知識や人との関わり方や心理学を20代前半で学べたのは非常に大きな経験でした。

海外生活時代

看護師を辞めることを真剣に考えていた時に知ったのがワーキングホリデー制度でした。

もともと、Avril Lavigneがきっかけで洋楽を聴きはじめ、24やプリズンブレイクなどの海外ドラマブームにも乗り洋画をたくさんみていたので、英語が理解できて話せたらかっこいいなーという憧れがありました。

巡り回せとは存在するもので、ワーキングホリデーでオーストラリアに滞在していた友人が周りに多く、たくさんの経験談を聞くことができました。

私自身もオーストラリアに家族旅行に行ったことがあり、オーストラリアへの「縁」というものを強く感じ、計1年半、オーストラリアに滞在します。

オーストラリアでは語学学校に行ったり、働いたり、農業したり、車で国内を旅行したりと限られた時間を自分なりに有意義に過ごすことができました。

英語で他国の方と談笑したり一緒に出かけたりするのは、英語が話せる前の目標でもあったため、その目標が達成できてよかったです。

最後にアデルのライブに行けたのは本当にいい思い出です。若くみられる(大学生にみられることが多々ありました)のが嫌だったのでヒゲ生やして老けてみえるようにしていましたw

海外で語学力を向上させたいと気持ちをもって臨んだワーキングホリデー。英語でコミュニケーションをとったことが皆無で英語長時間話すのはもちろん初めての経験だったし、様々な国籍の方と出会ったのも初めての経験でした。

英語が上達していくにつれて話せるトピックも増えていき、ディスカッションもできるようになり「英語が話せるだけでこんなに世界が変わるんだ。」っていうのを強く実感します。

ちなみに帰国後に受けたTOEICのスコアは790点でした。あと10点で800点だったけど、TOEICのスコアのためだけに勉強する英語は違うと思ったので、TOEICの勉強は辞めました。

今でも英語に触れる機会は保つようにしています。

英語という世界共通言語の偉大さを肌で感じたと同時に感じたのが「働き方」でした。

看護師としてこれまで働いていた私ですが、海外に出てみるとそのスキルでお金を稼いでいくことはとても難しいものがありました。なぜなら看護師として働くとなると病院等の限られた場所になってしまうからです。

他にも何かスキルを身につけていないと病院等で看護師として働く以外、何もできないことに気がついたのです。

そんなとき、職場という概念がなく自分自身のスキルを武器にしながら生活している人の存在を知ることができました。

会社に勤める=生活するためのお金を得る。という概念ではなかったのです。

看護師時代は、「もうちょっと給料があがれば…」…なんて会社に対して不満を漏らしていましたが、「自分自身のスキルでお金を稼げるようになればいいんだよ!」と当時の自分に言いたいです。

事務職時代

帰国後は、【英語に携わる仕事したい】という理由で貿易事務員としての勤務をすることになります。

が、決められたことを毎日繰り返す日々はとても苦痛で1ヶ月でその仕事に飽きてしまいました。

英語を使った仕事をしたいと思っていましたが、英語は手段であり英語を使った仕事をすることとは違っていると気づいた瞬間でした。

現在:Webエンジニア

その頃から、「ブログのカスタマイズをしたいな。」と漠然と思っていました。当時は、html,cssといった言語もわからず、ただただwordpressの投稿から記事を作成しているだけでした。

前職に飽きていた(定時で毎日あがれていた)ので、カフェに行ったりしながらhtml,cssの勉強を始めました。

自分で入力したことが思い通りに動く。試行錯誤をして表現できるようになっていく過程にどんどんのめりこんでしまい、毎日のように参考書を読みながらコーディングしていました。

そして、退職すると同時にWeb制作会社から内定をいただき、Webエンジニアとして勤続する日が始まりました。

ちなみに勉強を開始してから転職するまでにかかった時間ですが。
勉強期間8ヶ月
転職活動3週間

です。仕事が不規則で土日のまとまった休みが取れなかったので、プログラミングスクールには通いませんでした。まだまだわからないことだらけで日々勉強ですが、コードを書き続けています。

趣味

コーディング

これは趣味というか日々の生活の一部になっています。新しいコードに出会ったり表現方法に出会ったりできると喜びます。

音楽鑑賞

理想を言えば、常に音楽を聴いていたいぐらい大好き。最近はEDMのようなクラシックのような(全然ジャンルが違うけど)音楽をSpotifyのプレイリストを聴いています。以前は、自分でプレイリスト作って一人DJしたりしてました。安室奈美恵さんのライブは毎年の恒例行事でした。

私を構成する9枚というタイトルでよく聴くアーティストや節目で聴いたものをピックアップしました。

カフェ巡り

オーストラリアのカフェ文化に触れてからコーヒー中毒です。オシャレなカフェで本を読んだり、コード書きながらのんびり過ごしたい。おすすめカフェあったらぜひ教えてください。

英会話

人と話すのが基本的に好きです。英語で表現できる幅をもっともっと広げたいと思い、英会話しています。でも人と笑い合えればそれだけで幸せです。
TOEICは790点(オーストラリアから帰国後)

今後

エンジニアとして、プログラム力をつけていきたい。そして、Webの世界に興味を持ったきっかけであるブログカスタマイズができるようになりたいです。

WordPressを自由自在にカスタマイズできるようになれることが今の目標です。

このブログについて

このブログは私が実際に体験した転職活動前後の記録して記事を作っていきます。