もくもく会

【第2回 現役コーダーと交流できる!もくもく模写コーディング会】を開催しました。

※このイベントは2018年12月08日(土)に開催しました。

「開催してみて」のことは記事の後半部分に記載しているので、開催しての気づきを読む方は以下のリンクを押すと移動します。

—-本文はここから—-

こんにちは。のぶ(@n0bu0810)です。

今こそWeb制作会社で働けている私ですが、看護師→海外留学→Web制作会社(今)といろんなことを経験してきました。

Web制作会社に入ったのも30歳になってから。30歳を超えると「転職は厳しいものになるよ。」と耳にタコができるぐらい周りの方に言われ続けました。

html,cssの学習を始めて、参考本や参考サイトを見ながらコーディングができるようになってきた頃、ぶつかった壁があります。それは、、、

のぶ
のぶ
「どんなサイトを模写すればいいのかわからない!」

という壁でした。

独学で質問できる方がおらず、頼るものがネットのみになってしまった時にぶち当たってしまう壁ではないのでしょうか。

実際に公開されている企業のサイトはたくさん動いて難しそう。といって簡単なものってなるといつも同じデザインになってしまうし。ってかデザインできないし。

のぶ
のぶ
「どなたか課題を出してくれませんか?」

と切実に思っていたことがあります。一通りこなして次のステップに進む時期がきた。。。と思っていた矢先にとあるもくもく会に参加したことがきっかけで横のつながりが少しずつ増え始めモチベーションにも繋がっていきました。

私が当時受けたご恩をしっかりと還元していきたい!ということを常々思っていたのですが、この度「一緒にコーディングのもくもく会を主催してみよう!」という素晴らしい方々と出会うことができ、今回コーディングのもくもく会を開催することになりました。

名付けて【現役コーダーと交流できる!もくもく模写コーディング会】です。

【第2回 現役コーダーと交流できる!もくもく模写コーディング会】

【概要】

こちらが用意した練習用のデザインカンプを元に、もくもくと模写コーディングする会です!

模写コーディングのレベルとしては、Progateの初級レベルで組めるように調整しています。
Progateでは基礎を学び、模写コーディングで「実践力」を見につけましょう。

3人の現役のコーダー
はにわまんさん(@haniwa008)
笹さん(@SasaYukiya)
のぶ(私)(https://twitter.com/n0bu0810)

が参加するので、コーディングで分からないことがあれば、いつでもご質問ください!

コーディングの勉強は孤独になりがちです。モチベーションを保つためにも、ゆる~く交流していきましょう。

(もくもく模写会で作成したコードやサイトは実績としてご自由にお使いください)

【対象者】

  • Progateの初級レベルをクリアしている
  • デザインを元に1からコーディングしてみたい
  • 現役コーダーと交流したい

※ 0からのコーディングが余裕!って方はご遠慮ください…

【開催日】

2018年12月08日(土)

【募集人数】

6名

【スケジュール】

13:00 ~ 13:15 自己紹介
13:15 ~ 13:30 ルール説明・コーディング準備
13:30 ~ 16:00 もくもくと模写コーディング
16:00 ~ 17:00 質疑応答・雑談など

【持ち物】

・ノートパソコン

※ VSCode、Sublime Text、Atom、Bracketsなど、コーディングしやすいテキストエディタを入れておいてください!

【参加費】

1000円
※お釣りがでないようにお願いいたします。

【主催者】

はにわまんさん


【プロフィール】
WordPressが好きなフリーのWebコーダー。「HPcode」というコーディングやWordPressに関するブログを運営しています。キーワード「模写コーディング」でGoogle検索結果1位!(※ 2018年9月27日時点)

笹さん

【プロフィール】
今年Web制作会社に新卒入社したWebコーダーです。デザイン系の大学出身なので少しだけデザインもできます。HTML、CSSなどWebに関する知識は入社す</るまで独学でした!
仕事をしながら趣味でWordPressをいじっています。(近日公開予定)

のぶ(私)

【プロフィール】
三十路未経験がWeb制作会社のWebエンジニアにキャリアチェンジ。プライベートでも wordpressに取り込み中。ハマりやすく飽きやすい性格だけど、Web制作は楽しく続いてます。柚子胡椒大好きです。

開催してみて

2回目の開催になるから少しは慣れたかな?と思ったけど、そうではなかったので反省も踏まえて開催してみての感想をまとめていきます。

場所探しに利用したサービス

今回利用したのは、SPACEMARKETというサービスでした。オフィスだったりマンションの一室だったりを1時間ごとに貸してくれるサービスです。主催者が3名、参加者が6名の計9名を予定していたので10名規模のところを探しました。

  • wifiあり
  • ホワイトボードあり
  • 値段が安い

この条件がそろったものがあったのだけど、実際に使ってみたらwifiが使えなかった。

本当ありえなかったです。airdropやbluetoothを使って解決したのですが、参加してくださった方には本当にご迷惑をおかけしてしまいました。今後どうしようか要検討が必要でした。

良かった点

1回目の点を踏まえて改善したところをピックアップしていきます。

作業時間を増やした

前回は2時間の作業時間で解説の時間もあまり設けることができなかったので、今回は作業時間を2.5時間。解説の時間を1時間ほど設けました。

実際にやってみてわからなかった部分の解説を聞けることは、実際にわからなかった部分がその場所で理解を深めることができる絶好の機会なので、長めにとっておいて良かったなと。丁寧に解説してくれた主催者の2名様本当にありがとうございました。

解説時間を取り入れた

display:flexの説明。実際のカンプで利用したcssの説明をしました。これを聞けただけでも参加して良かったと思えるほど濃いい解説でした。

これも主催者の2名様が丁寧にしてくださったので、勉強になりまくりでした。本当にありがとうございました。

懇親会も実施

予定にはなかったけれど懇親会も実施して、9名中7名が参加しました。
コードを書いていての悩みや流行っていること。ツイッターでの有益な情報などなどこれまた濃いい情報を聞けたので実施して良かったなって。ダラダラ飲むのではなく2時間弱で解散したところも素敵でした。

改善すべき点

力にばらつきがある中どうやって達成感や次に繋がる何かを見つけて帰ってもらうか

作業時間を増やしてみたものの100%カンプ通りに終わった方はいらっしゃいませんでした。かといって長すぎても集中力続かないからただ長くすればいいという問題でもないわけで。

2回目ということでどこの作業で時間がかかっているかや、つまづくところも少しずつわかってはきているので、そこをどのようにスムーズに進んでいけるようにするか。

まとめ

progateなどの学習を終えてからつまづくどのようなサイトを作ればいいのだろう問題

「サイトをどんどん模写しよう!」と言われるけれど、実際にどのようなものに手を出したらいいのかわからないですよね。

その辛さは私自身も経験していてよくわかるので少しでも同じ苦しみや悩みがある人のお力添えになれたらいいなって思います。

コードも書くのもとっても大切だけど、何かにつまづいた時に相談できたり聞けたりする人がいるっていうのも結構大切です。講師と生徒という立場以外で聞ける人が近くにいるといいですよね。

主催者の方が本当に知識経験豊富すぎて勉強になることばかりです。
はにわまんさん(@haniwa008)
笹さん(@SasaYukiya)
ぜひぜひtwitterをフォローしちゃいましょう。

第3回目(たぶんあるはず)へのご参加もお待ちしております。

ほー
ほー
お疲れさまでした

前回の開催レポートはこちらになります。